瞑想法 - 野口整体 均整法 をとり入れた画期的な整体院

幸せになれる!?瞑想法

僕も、心身を整える意味でも、瞑想する事をよくやります。

瞑想と言っても、いろんなやり方がありますが、今回

書かせて頂くのは、ビパッサナという瞑想法です。

何も難しい事ではありません。

一言でいっちゃえば、『今に集中する

ということです w(゚o゚)w   実際には、

僕は散歩時にも取り入れます。その時に足の裏

に意識をもっていきます、注意をそこに向けるのです。

踏みしめている感じや、道の質感や、体重のかかり方など

感覚で感じるものに意識を持っていき、自分の中で今現在を

実況中継する感じでやるのです。

これを実践すると、『今、ここ』が実感されるのです。

では、なぜ『今、ここ』に集中することが大事なのでしょうか?


それは人間は今を生きているはずなのに、他ごとに惑わされ

今に集中している事が少ないのです。(殆どしてない

この事が原因で人の悩みを創ってしまっているのです。

例えば、人と会う時に人間は必ず先入観で相手をみています。

過去のデータをもとに、相手を決めつけて、みてしまうのです。

これでは、ありのままの相手をみる事はできません。

そこからは、本当のいい人間関係はつくられません。

それどころか、人間の脳が蓄積している過去のデータはほとんど

マイナスのイメージばかりだそうです。

これは、生命維持のため脳のなせる技なのですが、生き延びる

ために危険を回避する為の、脳のシステムなのです。

けれど、この働きは動物的本能であって、人間らしく生きるためには

別の脳の使い方を意識的にやっていくべきなのです。

ここに、人が幸せになるためのカギがあるのです。

その為に、僕は生活に瞑想を取り入れます。

ホームページはココをクリック









老いない方法!?

人の年齢を聞いて驚く事ありませんか

人は、見た目では分からないですね。

僕も前までは、若造に見られたくないと思っていましたが、

自分が45を過ぎると、やっぱり若く見られたい願望がわいてきます。

それにしても、なぜこんなに個人差があるのでしょう。 

一つ言えることは気持ちの持ち様が左右するみたいです。

確かに余裕があって、イキイキしている人は若く見えます。

では、どのように気持ちを変えるのか

発想をかえてみる方法があります。

その一つに時間に対する考え方を変える方法です。

そもそも、時間というのは人間が便宜上勝手に作った決め事

だという事を分かっておくべきです。

 時間とは、太陽が再び昇るまで(地球が一回転する)を1日とし、

 それを24という数字で分けた。これが24時間。

 又、太陽のまわりを一周するのに365日かかるのを、12月に分けた。

 なぜなら、月の満ち欠けが12回あったから。

 人間は天を仰いで、そこにある物を基準にして基準を決めたのだった。

 さらに、地球の自転、公転、月の満ち欠けのつじつまを合わす為に

 ひと月の日数を28~31日間にこじつけた感じにした。


こうしてみると、人間の都合で決めた事に右往左往される必要はない

と達観できるのです。

時間にあくせくする事がなくなると、気持ちにゆとりが生まれるのです。


当院のHPはココをクリック